<< オススメブログ | Main | 宮澤賢治さん 図誌3点 >>

時のない世界


菜食美人塾「賢二倶楽部第2弾」にて、4次元以上の世界についてお話させていただきましたが、わたしもいま3次元世界にいるので「これが正しい」とは何一ついえません。

過去も現在も未来も同時進行、つまり 時間という概念がない世界を想像するとき
一番ぴったりくる唄 として「夜明けのスキャット」とご紹介すました。

いきおいあまって一節うなりますた(笑) すみません。

まったくの私の独断と偏見ですが
この歌詞を書いた山上路夫さんは 宇宙図書館(アカシックレコード、宇宙意思、創造主)で情報を得て表現したとしか思えないのです〜 

小さい頃、この歌を聞いてノックダウン、大きくなってから歌詞を読んで
ううむ!とうなり、最近はあたらめて腰を抜かしてます(笑)

確かに本当に愛し合う時=愛の世界にいるとき時計はとまるんですよ、皆さん!(ふがふが)
男女間が一番想像しやすいべけんども、それをいろいろ広げていけば時計はとまりっぱなしで
私たちは過去も現在も未来も自由に行き来できるようになるんでないべか

これも私見ですので、簡単に信じないでね。

でもこれ、わだすのテーマソング。
歌うだけで 心、愛に満たされます。


夜明けのスキャット


作詞 山上路夫
作曲 いずみたく
唄  由紀さおり


愛し合うその時に この世はとまるの
時のない世界に 二人はいくのよ

夜は流れず
星も消えない
愛の唄 ひびくだけ

愛し合う二人の 時計はとまるのよ
時計はとまるの



今日も世界は祝福に満ちています。
| パカチョ日記 | 06:47 | comments(2) | trackbacks(0) |
COMMENT
ふと訪れて、びっくり!
先日、この唄をなんとなく思い出し唄いました。
しかし、意味なんてわからなかったけれど、よく唄ったなと。
で、その意味をたどりながら、今ならわかるんだなあ。
サユリさまの感性は素晴らしい。
そして、ありえないシンクロに光栄な気がする私です。行きたいなあ、イーハトーブ。
だんだん近づいている気がします。
| ☆emi | 2009/12/04 3:38 PM |
emiさん
お元気ですか〜?
emiさんの笑顔いつでも思い出せますよ!

本当にこれ名曲ですよね。
歌詞といいメロディといい…

イーハトーブで愛ましょうね
楽しみにしておりますよん♪
| sayu | 2009/12/05 7:30 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK